文字の大きさ

常駐警備詳細

常駐警備業務は、特定の施設(一般企業のビルや工場、銀行の本支店、官公庁等)に常駐し、交替制で警備員が常駐しています。対象施設の火災、盗難予防およびこれらを未然防止するための巡回業務、出入管理、防災センター監視業務や事故発生時の被害拡大防止と通報連絡等が主な業務です。

火災事故や盗難事故、漏水事故等が発生するとご契約先の業務がストップし、多大な営業損失被害が予想されます。ご契約先が警備員を配置させるのは、機械による無人警備では事故の発生が予防出来ないことと、お金では済まされない莫大な営業損失が発生するからです。このことからも我々警備会社は、経済・社会の発展に大きな役割を担っており、その責任と使命は崇高なものがあります。

当社は京滋地区の地元企業からのご用命により、ご契約先からのより高度な警備サービスの要求を満足させる為、昼夜を問わずセキュリティーの需要にお応えし、その信頼を勝ち得てきました。

これからもその信用を裏切ることなく更なる運用品質の向上と社員の警備技能向上に努めてまいります。

  • 出入管理業務

    受付対応・案内業務

    受付において、来訪者様の「お名前」「行先」「ご用件」を確認し、ご契約先へ確認の上、 ご案内を致します。その際、ご契約先のルールに従い入館証を発行し、入退館簿への記入等のご依頼を行い、関係者以外の敷地内への侵入を防止します。

    立哨勤務

    銀行本支店、商業施設、デパート、寺院等において立哨警戒を行い、不審者等に対する抑止力を目的として行い、犯罪の抑制を行います。

  • 監視業務

    防災センター監視業務

    防災センターにおいて防犯、防災設備等の監視を行い、不審者および不審物の早期発見、事故発生時の通報連絡等を行います。